喪中を忘れて年賀状をうっかり喪中の友人に出してしまったらどうすれば良いの?

公開日: 

友人が喪中だと言うのを忘れていてうっかり年賀状を出してしまったらどうしたら良いでしょうか?たくさんのハガキを一度に書かないといけないので、うっかりしてしまうことはよくあることです。

こういった場合の対処方法をお伝えします。

スポンサードリンク

喪中ハガキをもらったのを忘れて年賀状を出してしまった

喪中はがきは早い方なら11月中に届く場合があります。年賀状を書く段階になるとそのことをうっかり忘れてしまい、気づいた時にはポストに投函していた!なんてこともありますよね。

頭が真っ白になりますが、そういった時は落ち着いて、まずはお友達に謝ります。

直接会って話ができるなら、それが一番ですが、そうもいかない場合は電話やメール、ハガキなどでその旨をお詫びすれば大丈夫です。

年賀状は早くても年が明けてから届きますので、気づいた時にすぐに行動すればハガキで伝えても年内には届きますので、気持ちを伝えることができますよ。

喪中なのにうっかり年賀状を送ってしまっても・・・

喪中はがきというのは、喪中側が『身内がなくなり悲しみの中にいるので、お祝いごとは控えています。なので年賀状を出さなくてごめんなさいね。』という意味合いのもので、相手に対して年賀状をださないでね。と催促するためのものではありません。

ですから、間違って出してしまったとしても、マナー的にはいけないことではないんですよ。

そうは言っても相手の気持ちを考えると、申し訳なくてたまらなくなりますよね。喪中はがきの本来の意味を知らない知人に「喪中はがきでわざわざ知らせたにも関わらず、年賀状を送ってくるなんて!」と心をざわつかせてしまうのもイヤですし。

ですからやっぱりきちんとお詫びはしておいた方が良いでしょうね。年賀状が届く前にきちんと謝っておけば、相手さんだってそこまで腹も立たないでしょうし、そういうこともあるよねと許してくれるはずです。

年賀状が届く前に謝っておいた方が、本当は良いですが、間に合わない場合でもできるだけ早く気持ちを伝えておく方が、お互いの関係にとっても良いでしょう。普段直接会うことがない方だったりする場合は、寒中見舞いを出して、その時に一言添えておくと良いですね。


スポンサードリンク

喪中の友人に年賀状をどうしても送りたくない!

亡くなられた方との間柄や、それぞれの諸事情で、どうしても年賀状を相手に届けたくない場合は、郵便局で取り戻し請求をしましょう。

手数料が約500円、身分証明書が必要です。どうして年賀状を届けたくないと行った場合には利用してみてはいかがでしょうか?お近くの郵便局で相談してみてくださいね。

おわりに

喪中の場合でも喪中はがきを出してない方などからは年賀状は届きますので、多くの人はそれほど気にしないと思いますよ。

ですが、出した方は気になりますよね。一言友人に詫びておけば、自分の気持ちも落ち着きますので、早めに謝っておくとよいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑