赤ちゃんを抱っこして雨の日の外出どうしてる?便利なアイテムある?

公開日: 

雨の日に赤ちゃんとどうしても外出しないといけないことってありますよね。保育園に行くママもだし、検診なども日が決まっていると必ず出かける必要がある。病院などもありますよね。

雨の日の赤ちゃんとの外出、抱っこ紐ならどうすれば良いでしょうか?

スポンサードリンク

赤ちゃんを抱っこ 雨に濡れないようにした工夫

抱っこ紐をした上からポンチョをかぶせてあげるのが一番おすすめです。これが一番経済的で濡れないし、簡単です。

ポンチョはサイズを90ぐらいで大きめサイズにします。できたら前開きタイプがいいなぁ。

我が子はスーパーで緊急に購入したミニーちゃんのポンチョが大活躍しています。

これこれ!急遽必要になり購入した割にかなり良い仕事をしてくれています

赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこをした上からポンチョをかぶせてあげて上だけボタンを留めます。サイドの部分で濡れないようにうまくかぶせてあげて、あとはママが濡れないようにレインコートを着ても良いですし、傘を差せば完了。

大きいサイズのポンチョにしたのは足までしっかり被せられるから。そして前開きタイプなら丈が長めに取れますよね。

かぶせるタイプだとママと赤ちゃんの間にレインコートの生地がだぶついてガサガサしてしまいます。赤ちゃんもママと肌がふれあう方が安心してくれますしね。

なので、このスタイルが私的には一番おすすめです。

大きいサイズを購入すれば赤ちゃんが大きくなった時に使えます。ポンチョは小さくたためばコンパクトになるので、自転車に乗っていて急に雨が降った時でもサッとかぶらせて上げることができて便利なんですよ。

普通のレインコートだと子供に着せてから自転車のベルトを付けないといけないけれど、ポンチョの場合は後ろ前を逆にして、子供の背中の所でボタンをしてあげると座ったままでも着せてあげることができます。

この方法だとベビーカーでも赤ちゃんを降ろさないでポンチョを着させてあげられるので結構便利ですよ。

レインコートやポンチョで抱っこしながら着られるものある?

赤ちゃんにポンチョをかぶせてあげるのが私的には一番おすすめなのですが、その他に赤ちゃんを抱っこしたまま着られるポンチョもあります。

ちょっと値段が高いのが気になりますが、通常のレインポンチョとの違いはフロントのファスナーの開きが大きい所にあると思われます。

赤ちゃんを抱っこした時にお顔を出せるし、おんぶにも対応できるからでしょう。

自転車用のポンチョは手まですっぽり被るような長さがありますが、コチラはお袖の部分がロールアップして止められるようになっています。

ですから手が動かしやすいので赤ちゃんとのお出かけにも便利です。

抱っこ紐を卒業してからはママ用の自転車に乗る時のレインポンチョとしても使えるので、長く使用できるのも良いですね。

口コミを見ていると怖くなってくるのですが、赤ちゃんを抱っこして自転車に乗るのは禁止されています。地域によってはおんぶならOKのところもあるそうですので、どうしても自転車に乗る場合はおんぶで対応してください(もちろん乗っても良い地域に限りますが)


スポンサードリンク

抱っこ紐専用レインカバーは必要なし?

抱っこ紐専用のレインカバーもありますよ

便利な物が沢山あるんですね。もし保育園に行っていたりと雨の日でも頻繁に外出する必要があるのならやっぱり専用のレインカバーがあっても良いのかなぁと思います。

コンパクトにたためますし、ベビーカーに取り付けることもできますしね。

ベビーカーのレインカバーはビニールで全体的に覆うから赤ちゃんが怖がって使えないこともあるそうです。

本降りの雨ならベビーカーも濡れてしまうので専用の物が必要ですが、少しの雨なら対応できそう。

ベビーカーと抱っこ紐を同じぐらいの頻度で使う人には良さそうです。

ですが、私はやっぱりポンチョで事足りるような気がしてしまいます(^_^;)だけどベビーちゃんの便利グッズで可愛くておしゃれな物が多くてついつい欲しくなっちゃいますよね~

おわりに

雨の日はできれば外に出たくない!ですが必要とあれば仕方がありません。できるだけママと赤ちゃんの負担を少なくして、お出かけできるといいですね

<関連記事>
雨の日の保育園の送り迎えはどうしていたか 送迎は自転車か徒歩か

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑