インフルエンザの予防接種はいつ受ける?開始時期は?我が家の予防方法

公開日:  最終更新日:2015/08/24

寒くなると心配になるのがインフルエンザですね。毎年悩むのがインフルエンザの予防接種をどうするか?ということです。

ご近所さんとの会話ももっぱら予防接種を受けたかどうか、という内容が多くなってきます。毎年悩んでしまうのですが、ここ数年の我が家の予防接種状況はだんだんと決まってきました。

インフルエンザの予防接種を受けるかどうか迷っている方に我が家の予防接種状況をお伝えします。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種はいつから始まるのか?

我が家はいつも遅れをとってしまい、ご近所さんに聞かれて初めてそんな時期なんだなぁと焦り始めることばかりです。インフルエンザの予防接種は、10月から始まる病院が多いようです。かかりつけの小児科も10月から予約開始で予防接種は10月15日からでした。

インフルエンザの予防接種は大人は内科、子供は小児科で受ける方が多いと思いますが、耳鼻科でも受けられるところも多いですね。ちなみに私のかかりつけの眼科でもインフルエンザの予防接種を行っています。元気な時に内科に行くのは病気をもらってしまう心配もあるでしょうし、耳鼻科や眼科で予防接種を受けてもよいですね。

ちなみに代金は2000円から3000円ぐらいの間の病院が多いようですが、病院によって料金が違ってくるので、安いところを探してみてくださいね。

インフルエンザの予防接種はいつ頃受ける?

インフルエンザのピークは地域によっても違うようですが、だいたい12月ぐらいから始まりますので、その時に予防接種の効果が出るように打つのが賢いでしょう。大人は予防接種は1回で免疫がつくのですが、子供の場合は2回受けます。

1回めと2回めの間は4週間開けるのが一番良いと言われました。ですので、逆算すると1回めは10月下旬、2回めは11月下旬に打つのが良さそうです。

またインフルエンザの予防接種を受けると5ヶ月ぐらい効果が続くということですので、あんまり早く打ってしまうのも考えものです。まだ流行が終わっていないのに予防接種の効果が切れてしまうのは困りますもんね。ですから、やっぱり10月下旬に一回、
11月下旬に2回めというのが良さそうです。

我が家のインフルエンザの予防接種はこうします。

インフルエンザの予防接種の効果はあまりないという声もありますし、インフルエンザは掛かってしまうが重症化しにくいから受けた方が良いという声も聞きます。ですので我が家の場合、上の子が集団生活に入る頃から予防接種は受けようと思っていました。

・・・が、結局一回しか受けたことがありません。というのもいつも気づくのが遅くて予約がいっぱいになってしまったり、体調を崩して1回めしか受けられなかったりしてタイミングが合わないのです。そんな息子ですが、今までインフルエンザにかかったのは1度だけなんです。しかも4月頃にかかり、とても軽いインフルエンザでした。

私もインフルエンザだとは思わず病院へ連れて行ったので驚いたぐらいです。そんな感じでしたので、息子はインフルエンザにかかりにくい体質かなぁと思い、小学生になってからインフルエンザの注射は受けていません。

スポンサードリンク

それよりも、早めにインフルエンザと診断してもらってお薬を飲めばそれほど重症化しないようなので、インフルエンザの流行時期は熱が出た時は一晩経てば病院へ連れて行くようにしています。

私自身は娘の妊娠中は産婦人科で念のためインフルエンザの予防接種は受けました。ですが、私は今までインフルエンザにかかったことがありません。なんとなくインフルエンザにかかりにくい体質なのかなぁと思っています。ですので私も予防接種は受けないでしょう。

ですが、主人は毎年インフルエンザの予防接種を受けてもらっています。というのも数年前にインフルエンザに罹った時、とても大変だったからです。お医者さんは、インフルエンザで体が弱っている時に、違うウイルスが入ってきてこんな風になってしまったんだろうと仰っていましたが体がふらふらで立ってられないぐらいになりました。

「しっかり病院へ行って薬も飲んでいたのでインフルエンザは治っているはず。」と言われましたが、結構たいへんだったので、
それからはインフルエンザにならないように予防接種を受けてもらっています。

そんな感じで家族一人ひとり対応が違います。

インフルエンザの予防対策

我が家の子供たちへの予防対策を紹介します。効果があるのかどうかはわかりませんが、我が家の場合インフルエンザにも1度しか罹っていませんし、風邪もそれほどひいていない気がします。

手洗いは普通の泡石けんで洗うのですが、洗い流すときは30秒以上流水で流していました。そしてうがい。正直うがいは子供なのであまりうまくできないし、一応習慣づけとしてやらせていました。

それよりも私が効果があったのでは?と思うのは帰ってきて手洗いうがいをした後にお茶をコップ一杯飲ませることを徹底していました。カテキンが風邪予防には良いと言われますが、特に緑茶を飲ませているわけではなく普通の麦茶です。

風邪のウイルスは喉にいるときに悪さをすると聞いたことがあったからです。お腹の中に入れてしまえば何もないそうなので、「お茶をごくごく飲んでお腹に風邪バイキンを流し込め~」と子供に飲ませていました。

そしてもう一つとっておきは、帰ってきたら顔を拭くということです。特に鼻の下のところをしっかり拭きます。よく手を洗うようには言われるのに、顔を拭いたり洗ったりすることは言われないのは不思議な感じがします。口の中にウイルスが入って風邪を引くのなら口に近い顔の周りをキレイにしておくことが大事なのでは?と思います。

まとめ

インフルエンザの予防接種は受けても効果があるか疑問だ。受けていれば罹ったとしても重症化しないとお医者さんの中でも意見が割れているようです。ですので、自分で決めるしかありません。我が家は今までの経験からこういう感じに落ち着きました。

>> インフルエンザについての関連記事はこちら

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑