父の日の定番の花って?プレゼントや贈り物がマンネリ気味なら

公開日: 

6月の第3日曜日は父の日です。
2015年は6月21日日曜日が父の日です。

母の日よりも存在感がいまいち薄い父の日ですが、
やっぱり何かしてあげたいですね。

母の日ならカーネーションと、エプロンやお菓子など
母親の好みって割りとわかりやすかったりするのですが、
父親ってなぜだかどんなものが好きなのかよく分からなかったりします。

そこで父の日のプレゼントの定番ってなんだろうか?
母の日はカーネーションだけど、そしたら父の日も花を贈るのか?
そんな疑問にお応えします。
参考になれば幸いです。

父の日の定番の花って?

父の日の定番の花とはズバリ「黄色いバラ」です。

これは元々父の日を作ろうと訴えたアメリカのドット夫人が
ご自分の父親の墓前に白いバラを贈ったことが始まりでした。

ドット夫人が男手一人で6人の子どもを育てた父親に
感謝の気持ちを込めて白いばらを贈ったことから
他界した父親には白いバラを、健在な父親には赤いバラを贈るというのが
アメリカの風習です。

日本では『日本ファザーズ・デイ委員会』が父の日は黄色をテーマカラーにすることを提唱したことから黄色いバラを贈ることが一般的になっています。

そんなこともあって、
父の日に贈る花といえば
黄色いバラ、黄色いひまわり
白いバラ、白いゆり
あたりが定番になっています。

父の日に定番のプレゼントなら

父の日の定番のプレゼントといえばネクタイやお酒などですね。
私は昔は自分で作ったタバコケースをタバコと一緒に贈ったりしました。

今はタバコもお酒も20歳を超えないと買うことができないので、
未成年者は買えないですが、
お酒などは少し良い日本酒やワインを贈るときっと喜んでくださるでしょう。

ハタチを超えたら、一緒にお酒を飲むのも嬉しいです。

お酒も飲まない、タバコも吸わない、ネクタイもしないお父さんなら
ポロシャツや帽子のプレゼントも定番です。

最近では、百貨店に行かなくてもショッピングモールなどでも
お手頃な価格なのにおしゃれなものも揃っていて買いやすいと思います。

普段オシャレに全く興味がないようなお父さんだとしても
子どもがくれるものならきっと喜んでくださると思います。

スポンサードリンク

なので、こんな時を逆に狙って、
自分好みのかっこいい服や帽子を選んであげて
おしゃれなお父さんに仕立て上げるのも楽しいでしょう。

コーディネートをしてあげて一緒に食事へ連れっていってあげれば
きっとお父さんも喜んでくださいますよ。

父の日の贈り物 定番以外で、こんな物も良いかも・・・

父の日の贈り物の定番と言えば
タバコやお酒、ネクタイ、ファッション系などになりますが、
毎年そんな感じでマンネリになりがちだ

と困っているならば、あえての電報で日頃の感謝の気持ちを伝えてみませんか?
特に照れ屋のお父さんなら直接顔を見なくて済むので
一人でこっそり喜んでくれると思います。

たとえ会える距離であっても電報を送るのです。
今ならメールという手もありますが、昔ながらの電報というのも
ちょっと改まった感じがして新鮮です。

電報会社にお願いすると、普通の電報だけの物もありますが、
ぬいぐるみ付きなどもありますよね。

それに、カタログギフト付きの電報などもあって、
それならプレゼントもお父さんが好きなものを選んでもらえます。

他にも牛革のステーショナリーセットやカードケースといったものもありますので
プレゼントはしたいけど、どんな物をあげらた良いかピンとくるものがないという方にも良さそうです。

>>D-MAIL(NTT西日本)

>>D-MAIL(NTT東日本)

他にもこんな面白い電報もありましたのでご紹介します。
なんとマシュマロでメッセージを贈るんです。
すっごい可愛くてステキなアイデアですよね。

柔らかくてふわふわのマシュマロに、
日頃の感謝の気持ちを込めるなんて
メッセージと一緒に気持ちもしっかり伝わる感じがします。

このマシュマロ電報は父の日だけでなくて
色々なお祝いごとにも使えそうです。

>>マシュマロ電報

まとめ

父の日はどうしても地味目なイベントになりがちですが、
日頃お父さんに感謝の気持ちを伝えるという機会もそうそうありませんので
1年に一度なんらかの形で「ありがとう」と伝えたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑