赤ちゃんと夏のお出かけ ベビーカーの時に気をつける。暑さと虫除け対策は?

公開日: 

初めての赤ちゃん、初めての夏のおでかけだと気になることがたくさんありませんか?
尋常じゃないほどの暑さもですし、虫さされも心配ですよね。

真夏の日差しの強い日は本当だったらお出かけは避けたほうが良いのでしょうが
そうは言っていられない日もあるでしょう。

そこで、私が夏場に赤ちゃんとお出かけする際に気をつけていたことを
書いてみたいと思います。
参考になれば幸いです。

>>ちなみに紫外線対策については別ページに記事にしていますので
よければそちらもどうぞ

スポンサードリンク

ベビーカー 暑さ対策は保冷剤とシートで乗り切りました

我が家は春生まれの女の子と、夏生まれの男の子なので、
赤ちゃん時代に真夏にベビーカーで出かけることはできるだけ避けていました。

下の子はどうしても出かけないといけない場合は抱っこひもで出かけていました。
ベビーカーは地面と近いのでアスファルトの照り返しがきつそうでしたから。

だから我が家の場合、夏のお出かけは1歳を過ぎてからの方が多かったです。
息子の時は特に重たかったので、抱っこは無理になってしまって
出かけるときはほぼベビーカーでした。

1歳前後の赤ちゃんとの夏のベビーカーのお出かけは
ベビーカー用のシートを購入しました。
中に付属の冷却シートが入っていたので、それを冷凍庫で冷やして出かける時に背中に入れます。

専用のシートを購入したので、背中に熱がこもらないようにできていたようです。
今は違うタイプの物が売られているので、詳細が分からず残念ですが、
下の子の時もこれを使って背中に冷却シートを入れていました。

カンガルーの保冷・保温やわらかシートというのが有名みたいですね。

背中に入れる氷はジェルタイプの物の方が良いです。
私が購入した物はジェルタイプでしたが、これが結構すぐに溶けてしまいます。

交換用はケーキ屋さんでもらうような
カチカチの氷を入れたりしていたのですが、
タオルを挟んだりしてもやっぱり固そうで可哀想でした。
赤ちゃん用に購入するならジェルタイプがオススメです。

そして、お兄ちゃんの時は暑がりだったので、背中の冷却シートの他に
ケーキ屋さんでもらえる保冷剤(手のひらサイズ)をガーゼやタオルで巻いて
脇の辺りに指してあげていました。

お出かけ中に溶けてしまったら、ペットボトルなどを購入して、
それを脇の辺りに挟んであげたりしていました。

こんな感じで夏のベビーカー対策はしていましたが、
一番大切なのは水分をよくよく取らせることと、
赤ちゃんの様子をしっかりチェックしておくことでしょう。

赤ちゃんは喋れませんので、私がよく見ていたのは
表情と首筋の体温です。
あまりにも暑そうでしたら、涼しいところを探したり、
それこそペットボトルの飲み物を購入して冷やしてあげたりしていました。

赤ちゃんと外出 虫除け対策どうしてる?

ベビーカーでの外出の場合、お兄ちゃんの時は虫除けのシールを購入しました。
効果があったのかあまり虫に刺されることはありませんでしたが
剥がれやすいので困りました。

スポンサードリンク

剥がれやすいので、背中の真ん中に貼ったりして
赤ちゃんが手の届かないところに貼るなどしていました。
けっこう誤飲が多いようなので気をつけてくださいね。

下の子の時は虫くるりんというゾウさんの形のベビーカーに吊るすタイプの虫除けを使っていました。
これも効果があったのかほとんど虫に噛まれることがありませんでした。
ですのでこの夏も虫くるりんを購入するつもりです。

動いている時より止まった時の方が虫に刺されやすいので、
お兄ちゃんの遊びを見ているときなど、
ベビーカーでじっとしているときはうちわで仰いであげていました。

風がくるので涼しいですし、虫も寄ってこなくて一石二鳥です。
赤ちゃんが退屈な時には遊び道具にもなりますしね。
うちわはオススメです。

ちなみに虫除けスプレーは息子が保育園に入るまでは使っていません。
我が子は肌が弱いので心配だったのと、スプレーって鼻に入ったりしないかなぁと
心配で使わなかったんです。

保育園に入ってから使ったのは服にスプレーするタイプの虫除けでした。
これなら直接息子の体に付けなくてよいので
朝登園前に息子のいない部屋の窓辺でスプレーしてから息子に着させていました。

これも効果があったのか息子はあまり噛まれていませんでした。

赤ちゃんと夏のお出かけ ベビーカーの時の必需品

我が家が夏にベビーカーでお出かけする時の必需品は

・飲み物
・帽子
・ベビーカーの冷却シート
・バスタオルやタオルケット
・荷物をかけるフック
・バスタオルなどをかけてあげる際にずり落ちないようにするクリップ
・うちわ
・虫くるりんのような虫除け対策グッズ
・虫さされの薬
・着替えは多め
・カーゼやフェイスタオル、カーゼの汗取りパット

こんな感じです。

飲み物は予備としてペットボトルに追加のお茶なども持って行っていましたが、
1歳半をすぎる頃からはめんどくさくなって自動販売機のお茶とかで済ましていましたが(^_^;)

うちわや虫さされの薬はあると便利ですよ。
うちわは色々な使い方ができますし、虫さされは気づいた時にすぐに塗ってあげたほうが
治りが早いような気がします。
かきむしってしまって、とびひなどになってしまっても困りますしね。

汗取りパットはうちは購入しましたが、何も専用の物を買わなくても
カーゼやタオルをTシャツの首のところに挟んであげるだけでも十分
事足ります。
外でお着替えの数が足りなかったり、お着替え出来そうな場所がないなどの時は
取り替えるだけで済むのであると便利です。

まとめ

赤ちゃんとの夏のお出かけは暑さ対策や虫対策、それに紫外線対策と
気をつけなければいけないことがたくさんで、大変です。

荷物はたくさんになってしまいますが、
備えあれば憂いなしです。
しっかり準備して、安全に赤ちゃんとの夏のおでかけを楽しみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑