誕生日のご飯を手作りで母にプレゼント。お母さんへお菓子も簡単で美味しい物を~

公開日:  最終更新日:2015/09/03

お母さんのお誕生日に手作りのお料理をプレゼントしたい!

そんな風に我が子が思ってくれたら、これ以上嬉しいことはないでしょう。我が子もそんな風に育ってほしいです。お料理が苦手でも、万一美味しくなくってもその気持ちがすっごく嬉しいんですよ。お母さんもきっと喜ばれることでしょう。

もし自分の子がそんな風に思ってくれたなら、こんなものを作ってくれたらめちゃめちゃ嬉しい!って言うものを紹介します。母の日の贈り物としても良いですよ^^

スポンサードリンク

誕生日にご飯を手作りで母に。これなら失敗ナシ。

ずばりカレーです。お料理をほとんどしたことがないならカレーが一番無難で美味しく食べられます。

とにかく市販のカレールゥのパッケージの裏の作り方に忠実に。隠し味なんて考えなくて大丈夫です。市販のカレールゥは各企業が社運を賭けて作っている商品ですので、素人が色々と味付けしても味がぼやけてしまって美味しくなりません。

で・す・が
我が家の場合1つだけやっているっことがありますので、それを紹介します。

我が家のカレーは鶏のもも肉を使うことが多いです。もも肉を一口大に切って、ナイロン袋に入れます。その中にカレー粉を小さじ1ほど入れてモミモミ。これを前日に仕込んでおきます。

このお肉で作ったカレーが美味しいですよ。お母さんに内緒で作る場合は用意が難しいかもですが、できそうならやってみてくださいね。

あとはお料理する機会があまりない子なら、お肉を炒めたあと(中まで炒めなくてよいですよ。表面に焼き色がつくぐらいで大丈夫です。)野菜を炒めますよね。この時玉ねぎを先に入れて5分ぐらい炒めます。

焦げないように注意してくださいね。こうすると玉ねぎの甘みが出て美味しいです。30分ぐらい炒めて・・・と拘る人もいますが、市販のルゥならそこまでしなくても十分美味しいです。でも焦がしたら苦くなってしまうので、中火より弱めの火で炒めてくださいね。

で、ニンジンを入れて、お水を入れて火にかけておきますが、じゃがいもはニンジンに火が通ってからお鍋に入れてくださいね。そうしないとジャガイモが煮崩れてしまいます。もし心配ならじゃがいもはレンジで予め加熱しておいても良いです。

野菜に火が通ったらカレールゥを入れますが、必ず火を停めてからルゥは入れるようにします。ダマになったりそこで焦げてしまうと困りますからね。

カレー作りで注意する所はそのぐらいです。カレーだけでも充分ですが、余力があればサラダも作ってあげると良いですね。

レタスやきゅうり、トマトを切ってお皿に盛るだけでも大丈夫ですし、ツナ缶にマヨネーズを混ぜて、ちょっとだけ醤油を垂らしたものをトッピングすればツナサラダになります。

お母さんの誕生日のご飯。もう少し頑張ってみるなら

ハンバーグもそんなに難しくなく作れます。・・・がハンバーグが難しいのは火を通す所だと思います。火が通りきらなかったり、加熱しすぎてカチコチになってしまうことがあります。

私も昔はそんな失敗ばかりしてきましたが、今では失敗知らずのハンバーグを作ることができます。そのレシピを紹介しますね。


ハンバーグ4人分の作り方

ひき肉(合い挽き肉です)300g
玉ねぎ 半分
絹ごし豆腐 150g

パン粉(大さじ3ぐらい)
牛乳(なければ水で)

塩コショウ
卵 1つ
あればナツメグ

ソース
★ケチャップ 1/2カップ
★砂糖 大さじ1
★ウスターソース 大さじ1
★しょうゆ 大さじ1
★水 1/2カップ

豆腐はキッチンペーパーに包んで電子レンジ500wで2分加熱して冷ましておきます。玉ねぎはみじん切り(細かめの方がハンバーグを丸めやすい)パン粉に牛乳(水)を加える(水分がでないぐらいでオッケー)←ダバダバにならなければ大体で大丈夫です

スポンサードリンク

パン粉に卵と塩コショウ、ナツメグを加えて混ぜ混ぜします。そこにひき肉を加えてこねこねします。だいたい混ざったら、豆腐を潰しながら加えてさらに混ぜ混ぜ、こねこねします。

これをハンバーグ型に丸めます。真ん中を少し凹ませて置いたほうが火が通りやすいです。

フライパンに薄く油を引いてハンバーグを焼きます。この時、弱火から中火ぐらいで始めると良いです。ハンバーグは豆腐が入っているので柔らかいので優しく扱ってくださいね。

中火ぐらいで焼き色がつくまで焼きます。横から見てフライパン側の方が少し色が付いてきたかなぁというぐらいです。おおよそ2分ぐらいで大丈夫。裏返して更に2分ぐらい焼いてください。

崩れないようにあればフライ返しを2枚使うと返しやすいです。片方のフライ返しを底からゆっくり入れて、もう一つのフライ返しで支えます。ゆっくりひっくり返せば崩れません。多少崩れても大丈夫です。

中まで火が通ってなくても大丈夫です。両面焼き色が付いた所で、ソースを作ります。ハンバーグが入っているフライパンに★マークのソースの材料を全部入れます。計量カップにケチャップを100cc入れます。その上からウスターソース、砂糖、醤油を入れてそれをフライパンに入れます。ケチャップが入っていた計量カップにそのままお水を100cc入れます。

少しかき混ぜて、残っているケチャップを洗うようにして一緒にフライパンに入れてしまいましょう。こうすれば計量カップもキレイになりますし、材料もムダになりません。

沸騰しはじめたぐらい(ブツブツと泡立つぐらい)になったら火加減に注意してくださいね。弱火から中火ぐらいにしてスプーンでソースをハンバーグにかけながら煮込みます。
これで出来上がりです。


このハンバーグのポイントはお豆腐を入れることでお肉が固くならない。
煮込みハンバーグにすることで焦げる事なく中まで火が通る。
という部分です。

ハンバーグにサラダを付けてあとはスープかお味噌汁を付けてあげれば十分なご飯になりますね。

誕生日に手作りお菓子を 簡単でも美味しい!!

一番簡単なのはホットケーキミックを使います。ホットケーキミックスを作り方の通りに混ぜます。そしてそれを薄く焼き、それを繰り返します。

薄く焼いたホットケーキにホイップクリームをまた薄く塗って、その上にホットケーキを乗せて、またその上にホイップクリームを薄く塗って・・・・と繰り返します。これでミルクレープの出来上がりです。

ミルクレープはラップをして冷蔵庫に数時間置いた方が味が馴染んで美味しいので、食べる時間を計算して予め作って置いても良いですね。

普通にホットケーキを焼いて、間にクリームを塗り、それを3段ほど作って上にホイップクリームとフルーツをトッピングすれば豪華なパンケーキになります。

ホットケーキミックスを使うと失敗しにくくて良いですよ。
ガトーショコラを作ってあげても甘い物好きのお母さんなら喜ばれると思います
Cpicon ホットケーキミックスで簡単ガトーショコラ by hichiyu

おわりに

作ってみるとそんなに難しい料理ではないので中高生でも作ることができると思います。兄弟さんがいるなら一緒に作ってもよいですね。お母さんは仲が良い兄弟の姿を見るのが大好きです。

普段自分がやっている主婦業を子どもがやってくれている姿を見ると、「こんな風に私のことを見ていてくれたんだなぁ」って感慨深いんですよね。

我が子も大きくなったら作ってくれたら嬉しいなぁ。今はまだおままごとでご飯を作って持ってきてくれる程度ですからね。

ちなみにご飯のあとは、しっかりキッチンを片付けてあげてくださいね。お母さん、感動することと思います。思い出深い一日になりますように♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑