└ お正月一覧

正月飾りを捨て忘れた!しめ縄の処分の方法は?どうしても神社に持って行かないとダメ!?

正月飾りのしめ縄や門松は地域によって違いはありますが、1月15日にどんと焼きや左義長と言われるお焚き上げで燃やしてもらいますね。 ですが、お焚き上げの火をうっかり忘れていたり、体調が優れなかったり都合が悪く当日までに行けなかった場合はどのようにして処分するのが良いのでしょうか? 正月飾りを捨て忘れた場合のお飾りの廃棄の方法をお伝えします。

年賀状の処分の方法は?保管するのは風水的にどうなの?我が家の捨てるタイミングの紹介。

年賀状は届くと楽しいですが、書いてくれた方のことを思うと、なんだか処分もしにくいし、どんどん溜まっていって困ってしまうことがありますね。 年賀状の処分はどのようにすれば良いでしょうか?そもそも年賀状は保管しておいたほうが良いのか、それとも捨ててしまっても構わないのか、よその家ではどのように保管や処分をしているのか、気になることだと思います。 我が家の場合も踏まえてお伝えします。

年賀状の書き損じの交換手数料は?いつまでやっている?当たりハガキの場合

年賀状は決まった期間にたくさんの枚数を書かないといけないので、書き損じも多くなってしまいます。その書き間違えたハガキは捨てていないですか? 郵便局へ持っていけば新品のモノに変えてもらえますので、捨てないで、お正月明けまで持っておきましょう。 年賀状を書き損じた場合、交換の手数料はいくらで、交換期限はあるのか。また当たりの年賀状の取り扱いについてお伝えします。

正月飾りはいつから飾りいつまで飾るのか?

12月ってクリスマスとお正月を迎える準備が重なって毎年パニックです。とりあえずクリスマスが先にあるのでクリスマスの準備はそこそこできてもクリスマスが終わると同時にすぐに年末年始の準備でバタバタです。特に玄関飾りが我が家は結構いいかげんになってしまっています。12月に入った頃にはクリスマスリースをかけるのですが、25日を過ぎた途端にお正月モードに気持ちを切り替えなければ行けなくていつも年末ギリギリまで大掃除に時間がかかり31日ギリギリにお正月飾りを飾っていました。実はこれイケナイことだったんですね^^;知らなかったので、今思うと恥ずかしいことをしていました。今年こそはもう少ししっかり、きっちりした正月を迎えたいなと思い、お正月飾りを本来はいつからいつまで飾るのかを調べてみました。