ランチョンマットの洗濯頻度と汚れた時の洗い方 プラスチック製が便利

ランチョンマット 洗濯

食卓で一人前ずつの食器を乗せるための敷物ランチョンマットは、食器が直接テーブルにあたって音がしたり、テーブルに傷が付いたりするのを防ぐために使います。

実用的であり、そしてオシャレなランチョンマットは食卓を華やかにするなど楽しいものにしてくれるアイテムです。

ただ気になるのは、ランチョンマットの洗濯頻度とか汚れた時の洗い方です。

今はプラスチック制の便利なものができていますが、上記のことも含めてご紹介します。

スポンサーリンク

ランチョンマットの洗濯頻度はどれぐらい?

ランチョンマットの洗濯の頻度は、毎日洗う人に3日に1度という人もいれば1週間ぐらい使うという人など様々です。

洗濯の頻度は3日1度程度にして、汚れたらそのつど洗うというスタンスでいいと思います。

ランチョンマットを使うメリットには、次のようなことがあります。

・ランチョンマットで気分を変えて楽しめる

・テーブルクロスを汚さないですむ

・テーブルを傷めないですむ

などなど、様々なメリットがあるランチョンマットです。

ランチョンマットが汚れたらどうやって洗う?

ランチョンマットが汚れたときの洗い方は、他の物と一緒に洗濯機で洗うのは抵抗があるという人もかなり多いようです。

そのため、手洗いをしている人もいますが、小さなものなので、手洗いでもそんなに大変ではありませんが、やはり面倒なことはたしかですよね。

ランチョンマットが汚れたら、他の洗濯ものと一緒に洗っていいと思います。

スポンサーリンク

「布おむつとキッチンの布巾と一緒に洗っているママ」のことが新聞に出ていたそうですが、それには抵抗があっても、敷くだけのランチョンマットの場合は問題ないと言えます。

ただ、ランチョンマットにお醤油などのシミがつきやすいものをこぼした場合は、できるだけ早く洗った方が汚れが落ちやすく、シミになりにくいです。

ランチョンマットはプラスチック製が便利!

洗濯をするのが面倒な場合は、プラスチック製のランチョンマットがおすすめです。

プラスチック製のランチョンマットなら、拭くだけですむので便利で、特に小さいお子さんがいて汚す場合はおススメしたいアイテムです。

あるママは、布製のランチョンマットを使っていたのですが、子供が汚すので使わないようにしたところが、ランチョンマットを敷きたいと子供が大騒ぎだったとか。

そこで、プラスチック製のランチョンマットなら、汚れても拭くだけなのでプラスチック製のランチョンマットを買ってくることにしました。

始めは、プラスチック製は布のランチョンマットと比べて味気ないだろうと思いながら探し始めたそうですが、驚いたことに可愛い絵柄のランチョンマットがたくさん!

ディズニ―の可愛いランチョンマットを敷いてあげたら子供も大喜びで使っているそうです。

プラスチック製のランチョンマットは想像以上に素敵なデザインのものがあり、大人用の素敵なものがあったので、そのママは大人用のランチョンマットも買ってきました。

今では大人も子供もプラスチック製の物を使っているそうです。

私もそうでしたが、布のランチョンマットの方が品が良く暖かみがあって、プラスチック製はいかにも安っぽい感じがするだろうと思いこんでいる人も多いのではないでしょうか。

でも、見てみると良いデザインもあり、プラスチック製=安物というイメージが消えました。

プラスチック製のランチョンマットの良いところ、それは布製のランチョンマットは汁ものをこぼすとテーブルまで汚れますが、ランチョンマットはテーブルまで汚すことはほぼありません。

まとめ

ランチョンマットは使い方自由で、みなさんそれぞれに楽しんでいます。

その時の気分に合わせたり、食事の内容に合わせたり、また食器に合わせるなど楽しみ方色々です。

もし、あなたがまだランチョンマットを使っていなかったら、ランチョンマットを見るだけでも見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする