手作りハンバーグの賞味期限は?冷凍保存期間や解凍方法が知りたい

手作りハンバーグ 賞味期限

手作りハンバーグを冷凍すると、
どれくらいの期間保存できるんでしょうか?

そもそも手作りハンバーグの賞味期限っていつまで?

冷凍したハンバーグを美味しく食べるには、
解凍の仕方も気になりますよね。

そこで今回は、手作りハンバーグの冷凍保存期間や、
正しい解凍方法を紹介します。

スポンサーリンク

手作りハンバーグの賞味期限どのぐらいもつ?

手作りしたハンバーグは、生の状態だと1日、
焼いてある場合だと冷蔵保存で2~3日が賞味期限ですね。

手作りしたものって、雑菌も繁殖しやすく、
かなり傷みやすいので、なるべく早めに食べるのがベスト!

特にビニール手袋などをせずに、
素手で挽肉をこねて成形したものは、
雑菌がついている可能性もあるので、
その日中に食べるのが安心ですよ。

少しでも賞味期限を長くしたいなら、
まな板やボウル、包丁など調理器具を熱湯で消毒して、
よく水気を拭き取ってから使い、
ビニール手袋をして食材に触りましょう。

そして、ハンバーグは焼いてから荒熱を冷まし、
ラップにしっかり包んで冷蔵庫に入れておくと良いですよ。

それでも、最大で3日までしか日持ちしないので、
長期保存しないように注意しましょう。

ちなみに、当然ながらハンバーグは生の状態も焼いた状態も、
肉料理なのでどんなに寒くても常温保存は厳禁です。

やっぱりハンバーグを保存しておくなら、
冷凍するのが一番なんですよね。

筆者も作り過ぎたハンバーグはラップに包んで冷凍していますよ!

手作りハンバーグの冷凍保存期間は?

手作りハンバーグは生の状態で冷凍すると約2週間、
焼いてから冷凍すれば約1ヶ月は保存が出来ますよ!

やっぱり冷凍するのが最も長く保存できるんですね。

焼いてから冷凍しておけば、ひき肉は傷みにくくなるし、
好きな時に解凍して食べられるので、
夕飯やお弁当のおかずに困ったときもすぐ使えて便利。

スポンサーリンク

しかも、ハンバーグは焼いてから冷凍した方が、
ジューシーさも保てるので美味しさもキープできます。

ハンバーグの正しい冷凍方法ですが、
まず、焼きあがったハンバーグは荒熱を冷ましておきましょう。

そして、ハンバーグを1個ずつラップでしっかり包み、
ステンレス製のトレイか、アルミホイルの上にのせた状態で、
冷凍庫に入れておきましょう。

トレイやアルミホイルの上にのせて冷凍すると、
ハンバーグは急速冷凍できるので、
美味しさもジューシーさもより逃さないまま保存できるんです。

完全にハンバーグが凍ったら、
フリーザーバッグに入れて空気を抜いて密封し、
また冷凍庫で保管しておきましょう。

そうすれば1ヶ月はハンバーグが保存できるし、
食べる時も温めればOK!

食事作りの時短にもなるので、
ハンバーグを作り置きしておくのも良いですね。

手作りハンバーグを冷凍したら解凍はどうすればいい?

冷凍した手作りハンバーグは、
食べる1日前に冷蔵庫に移しておいて、
まずは自然解凍しておきましょう。

自然解凍したハンバーグは食べる際、
フライパンでもう1度焼くのですが、
この時に水か白ワインを少し入れて蓋をし、
蒸し焼きにするとふっくら美味しく仕上がりますよ。

最初はじっくり冷蔵庫で自然解凍しておかないと、
フライパンで温めた時に肉汁が出てしまい、
うま味が損なわれてしまうんですよね。

そのため、必ずハンバーグは解凍してからフライパンで温めましょう。

ちなみに、電子レンジの解凍機能で溶かしてから、
フライパンで蒸し焼きにしてもOKですよ。

もし生の状態で冷凍しておいたハンバーグを焼く場合は、
解凍せずに、凍ったままフライパンで焼いていきましょう。

強火で裏表の両面にしっかり焼き目をつけると、
肉汁が外に流れ出てきません。

あとは水か白ワインを適量入れて、
水分がなくなるまで蒸し焼きにしていきましょう。

竹串をハンバーグに刺して、
透明の肉汁が出てきたら完成です。

まとめ

手作りハンバーグは生のままだと1日、
焼いてある場合だと2~3日しか日持ちしません。

特に素手で作ったハンバーグは、
雑菌が繁殖しやすいので、早めに食べることですね。

でも冷凍保存なら、焼いてあるハンバーグは1ヶ月日持ちするし、
冷蔵庫に入れて解凍してから蒸し焼きにすれば、
美味しくふっくらと焼きあがりますよ。

ハンバーグが余ったら、ぜひ冷凍しておいてくださいね!

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする