白髪染をやめる年齢はどれぐらい?やめていく方法やグレイヘア手入れ法

白髪染 やめる 年齢

最近はグレイヘアが女性の間でも人気が出ています。

グレイヘアとはつまり、白髪染めをしないで、
自然のまま灰色の髪にしておくこと。

でも、白髪染めをやめるのって、
何歳からがいいんでしょうか?

今回はグレイヘアに憧れている女性必見!

白髪染めをやめる年齢や、
グレイヘアのお手入れ方法などを紹介します!

スポンサーリンク

白髪染をやめる年齢は何歳から?

グレイヘアにしていくなら、
白髪の割合が髪の毛全体の8割を占めてきたら、
白髪染めをやめると良いですよ。

特に、白髪の方が多くなってくる50代~60代、
いわゆる中高年の年代になった時が、
白髪染めをやめるのにベストなタイミングなんです。

確かに、30代や40代でヘアカラーをやめてしまうと、
ちょっと老けて見えてしまいそうですよね…。

でも、50代に差し掛かったら、
白髪染めをするなど、あえての若作りをせずに、
自然に任せてキレイなシルバーグレーの髪を手に入れましょう。

ちなみに、欧米の女性や最近では日本の女性芸能人の間でも、
白髪染めをしない、自然に任せたグレイヘアが好まれています。

ということはグレイヘアってある意味、
流行の最先端という髪でもあるんですね!

白髪染めをできるだけ自然にやめる方法は?

今までヘアカラーをしてきた人にとって、
白髪染めを急にやめてしまうのは、
ちょっと抵抗がありますよね…。

そこで、自然に白髪染めをやめるためにも、
まずは1度、根本や生え際、分け目を今まで染めていた色よりも、
少し明るい色に染めていきましょう。

ただし、明るすぎる色にしないこと。

根本や分け目、生え際だけをワントーン明るい色に染めると、
髪がグラデーションになって、
自然な感じでグレイがメインの髪色に移行できます。

特におすすめなのが、少し明るめのヘアマニキュアを使って、
生え際や根本を染めていくこと。

白髪との調和が生まれて、髪全体がキレイに見えるようになりますよ。

スポンサーリンク

ただし、自分でヘアマニキュアを使って、
根本や生え際などを染めるのに不安があるのでしたら、
ヘアカラートリートメントを使うという方法もありますよ。

ヘアカラートリートメントなら、髪や頭皮に負担をかけず、
髪全体を自然に染めるので、白髪染めをやめても、
違和感なくグレイヘアに移行できます。

また、行きつけの美容室でスタイリストさんと相談してみるのもおすすめ。

その際に必ず、白髪染めをやめてグレイヘアしたいことを伝えましょう。

そうすれば、自然に白髪染めをしないで、
グレイヘアに移行する方法を教えてもらえますよ。

やっぱり髪質や毛量などは、一人一人違いがあるので、
自分の髪を把握しているスタイリストさんと相談するのが安心ですね。

グレイヘアのお手入れは大変?

グレイヘアはしっかりお手入れしていかないと、
かなりみすぼらしく見えてしまいますよ!

美しいグレイヘアを保つには、
しっかりと保湿して、髪に潤いを与えるのがベスト!

毎日シャンプー後のトリートメントは欠かさないようにすることが大事です。

出来れば、入浴後は洗い流さないトリートメントも使って、
しっかり潤いをキープした方が良いですね。

ブラッシングする時も、プラスチック製のブラシだと、
摩擦が起きて髪を傷めてしまうので、
木製の髪や頭皮に優しいブラシがおすすめ。

ちなみに個人的にベストなヘアケア用品は、
椿オイルとつげ製の櫛です。

日本では古くから女性の髪のお手入れに使われていたし、
自然由来だからとっても髪や肌に優しいのが特徴。

私もこの二つでヘアケアしているんですが、
髪に潤いをしっかり与えられるので、
すっごくおすすめなんですよ!

椿オイルはヘアケア意外にも、
スキンケアにも役立つのでぜひ使ってみてくださいね!

まとめ

白髪染めをやめるのなら、
髪が8割ほど白髪になってしまいがちな50代からがおすすめ。

ただ、急に白髪染めをやめるのに抵抗がある場合は、
根本や生え際の部分だけをヘアマニキュアで、
少し明るい色に染めたり、ヘアカラートリートメントを使いましょう。

そうすれば髪が濃い色から白髪へグラデーションになるので、
自然にグレイヘアに移行できますよ!

グレイヘアにできたら、トリートメントをしっかりとおこない、
髪に潤いを与えるようにしましょう。

椿オイルなどを使うと、効果的にケアができますよ!

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする