結婚式の既婚者の服装 女性の場合は?髪型やマナーは独身時代と違いがあったりするの?

公開日: 

友人の結婚式はとてもおめでたいし、嬉しいことです。だからめいいっぱいお祝いの気持ちを伝えたいなって思います。

だからこそ、マナー違反に気を使いますね。自分の時なら別に気にならないってことも、旦那さん側の親族にマナーにうるさい人がいたらどうしよう・・・

「新婦の友人は非常識だ。だから新婦も非常識な人間に違いない」なんて思われてしまったら本当に困ります。

既婚者だからこそ、これからの親戚付き合いの大変さもわかりますよね。できるだけマナー通りの装いで友人を祝ってあげたいです。

スポンサードリンク

結婚式で既婚者の服装 女性の場合は?

袖あり
ウエストマークあり
膝が隠れる丈

この3つのポイントをまずは抑えます。20代の頃はノースリーブドレスにシフォン系のショールを肩にかける、いわゆる羽衣系女子だった方も、結婚したならかわいいよりも上品で落ち着いた雰囲気を目指した方が良いでしょう。

ノースリーブのドレスにボレロを羽織るデザインは若い人向けですので、選ぶなら共布でジャケットとワンピースのスーツ(アンサンブル)になっている物を選びます。袖があるタイプのドレスなら上にボレロなどを羽織る必要はありません。

普段着る用のお洋服を売っていて、フォーマルも置いてるというショップで選ぶのではなく、きちんとデパートなどにあるようなフォーマルコーナーで選んだ方が既婚者は無難です。普通のショップのドレスはパーティドレスであってフォーマルドレスではない場合が多いです。

ショップのスタッフは「結婚式でも着られますよ~」と言いますけどね。というか言われましたけどね。でもショップのスタッフはきちんとフォーマルのマナーを勉強してお店に出ているわけではありません。中にはよくご存知の方がいるかもしれませんが、その人を探し出すよりもフォーマル専門のお店に行ったほうが早いです。

素材は綿、麻、ウール、ツイードはNGなので避けましょう。入学式、卒業式などで着るママスーツは素材がツイードだったりジャケットとスカートが異素材だったりするのでカジュアルになりすぎます。

色は既婚者があまり派手な物を・・・と思いがちですが、お祝いの席ですので、黒以外の物を着たほうが華やかです。黒をきるならアクセサリーなどで華やかさを出したいですね。喪葬を連想する着こなしには気をつけましょう。

すでにご存知だとは思いますが、白や白っぽい服、写真を撮った時に白く写ってしまうような淡い色などはダメです。またつま先が出ているミュールやサンダルもマナー違反です。他にもファー(リアル、フェイクとも)NGです。ストッキングは柄物や最近流行りのタトゥータイプもNGです。

スポンサードリンク

結婚式の髪型 既婚者だから気をつけることある?

服装と同様に上品さや落ち着いた雰囲気をだしたいので、後れ毛を散らすような髪型は既婚者は避けます。

もういい年齢の女性なのだからきちんと美容院でセットしてもらったほうが無難です。私も若い頃は自分でなんとかやっていたのですが、結婚してからは美容院でセットをお願いするようにしています。やっぱり自分でやるよりもプロに任せた方が早いし、崩れないので良いですね。

髪の毛の長さが肩より長い場合はアップスタイルにします。これはきちん感を出すため、お食事中に髪の毛が顔の周りにこないように、お辞儀をした時に、一々手で髪の毛を手で触らないようにするためです。

アップスタイルがどうしても苦手な場合、ハーフアップにして顔に髪の毛がかからないようにしたいですね。

髪飾りはあまり大きなタイプや生花を使った物は避けます。

ショートやボブの方はブローのみで特に何もしない方が良いそうですよ。本来はバレッタやカチューシャはカジュアルな物として見られるようでマナー通りだとよくないそうです。ですが、最近は本当に色々なタイプの物がお店に並んでいますよね。

フォーマルなものやあまり華美でないものをチョイスすればお祝いムードが出て良いのではないでしょうか?美容院によっては髪飾りも一緒に用意してくださるのでお願いしてみても良いですね。

私の場合はこんなバレッタを付けてもらいました。
baretta
写り悪くてすいません(>_<)

結婚式のマナー 既婚者は独身の人と違ったりするの?

既婚者と未婚者で結婚式のマナーが変わるということはありません。ですが、未婚者や20代の子だと「若いから~」で許されていたことが、結婚すると「常識のない人」として見られることはあるので注意しましょう。

例えば受付でご祝儀を渡すときはバックから直接祝儀袋をだすのではなく、きちんと袱紗に包んで持っていくというようなことです。

おわりに

結婚式のマナーってめんどくさいなぁと思ってしまうことも多々ありますね。ですが、マナーを守って式に来てくれる友人だと新婦は嬉しいそうですよ。新婦が恥をかかないようにと、きちんと自分のことを思いやってくれているということが伝わるからだそうです。

自分のオシャレが優先で他人への気遣いができない人が増えているといいますが、結婚もして年齢も重ねた大人の女性なら、自分よりもまず友人である新婦を祝福する気持ちで結婚式を迎えたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑