初任給で祖父母にプレゼントを 初給料だから高価な贈り物はできないけど

初任給が出たら、今までお世話になったおじいちゃんやおばあちゃんにも感謝の気持ちとして、何か贈り物をしたいですね。

でもおじいちゃんやおばあちゃんに欲しい物を聞いても「特にない」とか「せっかく頑張って働いてもらったお金なんだから、自分でつかいなさい」と言われてしまい、なかなか欲しい物を聞き出せないことはないでしょうか?

そこで、初任給で祖父母にプレゼントをしたいならどんなものが良いのか、ご紹介します。

スポンサードリンク

初任給で祖父母にプレゼントしたい

初任給で祖父母にプレゼントをしたい気持ちはあるのだけれど、初めてのお給料は金額的にはそれほどもらえませんよね。

しかも実家暮らしであってもお家にお金を入れないといけないし、1人暮らしならなおさら生活費がかかってきます。

それに、あんまり高額な物を贈ると、逆にじいちゃん、ばあちゃんに怒られちゃうということもあるんですよね~。

「お返しや!」と言って、逆にたくさんのお小遣いをくれたりと・・・

そんなことも考えられるので、あまり高額でないものの方が無難だと思います。おじいちゃんやおばあちゃんは孫が自分達のために考えてプレゼントしたものなら、どんな物だって喜んでくれるはずですしね。

なので、初任給で祖父母に贈り物をする場合は、あまり高額でない、金額で言えば5000円~1万円ぐらいで良いのでは?と思います。

きっとおじいちゃんや、おばあちゃんにプレゼントするなら、両親にも何か渡されますよね。1人1万円としても4万掛かります。

まだまだ社会人1年生だと必要な仕事道具などもたくさんあるでしょうし、まずは気持ちを伝えることを優先しましょう。

一緒に住んでいない、または少し遠くに住んでいるというおじいちゃん、おばあちゃんの場合は、ぜひともお菓子を持って会いに行ってあげてください。

それが一番の祖父母孝行になりますよ。おばあちゃんの好きなお菓子でも良いですし、おじいちゃんだったらお酒かな?

ですが、おじいちゃんぐらいになると、お医者さんに止められていることも考えられますね。甘いものもちょっと気になる場合はフルーツなどでも良いですね。

5000円もだせば良い果物を購入することができますよ。

初給料で祖父母にプレゼント 普段使えるもの

食べたらなくなるものではなく、後々残る物だと、時々見返しては「これは初任給で孫がくれたものだ♪」と幸せな気持ちになってくれることでしょう。

普段から身につけるようなものだと、お友達同士の会話で「孫からのプレゼントなんだよ」とちょっと自慢ができたりもします。

そんな笑顔のおじいちゃんやおばあちゃんを想像するなら、普段使いにできるものが良いでしょう。

例えば日傘や扇子などはいかがでしょうか?ステキな柄の日傘や扇子なら、これから日差しも強くなってくる時期なので、お出かけの時に使えますね。

おじいちゃんの場合なら、帽子、ラコステのようなワンポイントのポロシャツなどなら、好みも特に問いませんし、着やすいと思います。

また、外では使わないけれど、家でよく使う物、お箸や湯のみ、マグカップなどは定番ですが、普段使いができるのでおすすめです。

お店によってはお名前を入れてくれる所もありますので、おじいちゃん、おばあちゃんにオリジナルの食器を贈っても楽しいですね。


スポンサードリンク

初任給で贈り物を祖父母に

おじいちゃんやおばあちゃんは、きっとお孫さんの元気な姿を見られることが一番うれしいと思います。

ですから写真立てとかはどうでしょうか?物だと勿体無くて使えないとか言われて、仕舞われる場合も考えられますしね。その点写真立てならきっと飾ってくれるでしょう。

もし初任給でみんなでお食事に行くようなことがあれば、その時に家族写真を撮るというのも良い記念になりますし、おじいちゃん、おばあちゃん、自分の3人で撮影した写真を入れてあげれば喜んでくださることと思います。

今はデジカメやスマホなどで簡単に写真は取れますが、わざわざ現像することは少なくなりました。お年寄りだと、プリントする方法が分からず(というか、プリントできることすら知らない場合も)ずっと携帯電話に画像を入れっぱなしということもあるみたいです。

好奇心の旺盛なおじいちゃんやおばあちゃんなら、デジタルフォトフレームがおすすめです。機械を怖がる、「もう年やしわからない」とか言っちゃうじいちゃん、ばあちゃんには写真立ての方が良さそうですが(^_^;)

時々おじいちゃんの家に行って、写真を入れ替えてあげれば、会いに行く用事も増えて、きっと喜んでくださることでしょう。

これが人気です。

おわりに

初任給で祖父母にプレゼントをするって、とても優しいお孫さんですよね。おじいちゃん、おばあちゃんにとっても、きっと自慢のお孫さんなのでしょう^^

あまり難しく考えずに、気持ちを伝えるだけで十分喜んでくださいますよ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする