小学校で学級閉鎖になりました 外出ができなくて大変(泣)習い事は・・・

息子のクラスがインフルエンザで学級閉鎖になりました。学級閉鎖は初めての経験でした。もっとクラスの半分ぐらいが休まないと学級閉鎖にならないと思っていたのですが、8人休み中の6人インフルエンザの時点で学級閉鎖が決まりました。

それに学級閉鎖になったのは金曜日のことでしたので、土日の過ごし方が気になりました。ということで、我が家の学級閉鎖になった状況と、外出や習い事はどうしたかを紹介します。

スポンサードリンク

学級閉鎖は何人休んだらなる?

我が子のクラスは休み明け火曜日に登校すると5人がインフルエンザで欠席していました。それまでは1人インフルエンザの児童がいると聞いていただけだったので流行が始まったんかなぁと軽く考えていました。

翌日は6人がインフルエンザ、2人が別の理由で欠席。その翌日は7人がインフルエンザ、1人が別の理由で欠席。その時点で学級閉鎖が決まったようで、給食を食べて下校し、金曜日は学級閉鎖という連絡がきました。

我が子のクラスは32人学級でそのうち7人がインフルエンザでした。結果的に2割の子がインフルエンザになって学級閉鎖になりました。

学級閉鎖の基準と期間は決まっているの?

子どもが学級閉鎖になったので、学級閉鎖になる人数の基準はあるのかどうか気になり調べてみましたが、明確な決まりはありません。学校ごとに、校医、校長先生、クラス担任が話し合って決まるそうです。学校から着たメールにも校医の先生と相談して決めました~という事が書かれていました。

期間も明確な決まりはありません。うちの場合は、土日を挟んでいたので木曜日の午後からと金曜日が学級閉鎖になりましたが、その後違うクラスでも学級閉鎖が起こり、その時はその日は3時間目までで、二日間のお休みになっています。なので我が子の学校では3日間が学級閉鎖の期間として考えているのでしょう。

スポンサードリンク

学級閉鎖中の外出はどうする?

学校からはプリントをもらったのですが、学級閉鎖のための授業時間の振替のお知らせが主で、特に学級閉鎖中の過ごし方は書かれていませんでした。

最後に「不要不急の外出はできるだけ控えてください」と書かれているぐらいで、あまり強く書かれているわけではありませんでした。そして、お昼までの児童たちの学童もありましたし、翌日の学級閉鎖中の学童も朝から行くことができたようです。

そこで私は今回の学級閉鎖の意味としては教室内という狭い空間に多くの人間を集めておくことでインフルエンザが感染してしまうのを避けるためだと判断しました。ということで、息子の状態を見た上で土曜日の習い事は行かせることにしました。

ですが、条件が違えば習い事を休ませたかもしれません。我が家の場合は習い事が土曜日だったこと、木・金と特に熱が出たという状態でもなかったこと。が子はインフルエンザは小さい頃からほとんどかかったことがなく、私もインフルエンザにはかかったことが無いためかかりにくい体質だと思われること。習い事は少人数で行われ、1時間もないこと。

などの理由を総合して行かせることにしました。結果的に同じクラスの子も来ていたので、行って良かったようです。ですが、木曜日や金曜日に習い事があった場合はきっと休ませていたと思います。学校が休みになって丸一日発熱がなかったということが、
一番の理由です。

まとめ

学級閉鎖中は、子どもは元気なのに外に出せなくてとても大変です。我が子も変に大きい声を出したり、ムダに暴れまくったり
野生に返ってしまい、ものすごく大変でしたw

これが一日で済んだから良かったものの、2日も休みが続くと思うとぞっとします。でも、インフルエンザに罹ってしまったら
もっと大変だし、子どもも辛くて可哀想ですもんね。学級閉鎖中のお家での過ごし方は、できるだけ家から出ないようにするしかないでしょう。

>> インフルエンザについての関連記事はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする