戌の日のお参りはお義母さんを誘わないといけない?安産祈願のお参り後の食事はどうする?

戌の日になると安定期にも入るし、妊婦さんも一安心。少しホッとしますね。そろそろ安産祈願についても考える頃ですが、その時に悩むのがお義母さんの存在。

戌の日の安産祈願はお義母さんも一緒に行くものなのでしょうか?お義母さんから前もって言ってきてくれれば、まだ考えようもあるのですが、特に音沙汰もないし、だけど向こうが行くものと決めていたら何も言わないで勝手に行っちゃうとややこしいことになっても困りますしね・・・

スポンサードリンク

戌の日のお参りはお義母さんも一緒に行くものなの?

こういう風習的なことは地域によって違ってくるので一概には言えないですが、基本的に戌の日のお参りに関しては誰と一緒に行くという決まりはありません。

そもそも戌の日には犬はお産が軽いということにあやかって、戌の日に腹帯を巻いて安産祈願をするという儀式です。ですから、安産祈願をする日自体に決まりはないんですね。戌の日より前に安産祈願をしてもらった腹帯を戌の日に巻いてもオッケーということです。

決まりや風習がないので、ご夫婦で戌の日の安産祈願をどうするか話し合って決めれば良いでしょう。

あなたがもしあまり義両親とは一緒に行きたくないわと思われるなら、戌の日の前に行ってしまって当日は腹帯を巻くだけにするということにしても良いですね。もし後日お義母さんに聞かれたらそうお話すれば良いですし、安産祈願は2回行っても構わないので、違う日にお義母さんと安産祈願に行くのも良いですね。

この先、義両親とはずっと付き合っていかないといけないものだし、子供が生まれると、もっとたくさんのイベント事があるので、できるだけ穏便に済ますようにしたほうが良いでしょう。

戌の日の安産祈願はお義母さんに自分たちから誘うの?

戌の日の安産祈願というのは人が多い神社だとご祈祷してもらう妊婦さんだけが入れるという決まりがあったり、また予めご祈祷されている帯を買うだけだったりと神社によって安産祈願のやり方が違ってきます。

せっかく遠方から日を合わせてきてもらったのに、お参りもできずにすぐに終了ということもあるので、こちらからお誘いして良いものか悩んでしまいますね。

それにこの時期の妊婦さんはまだつわりが終わってなかったりで、体調も不安定な方もいらっしゃることでしょう。当日寒かったり、雨が降ったりで急きょ出かけることを中止ということもあると思います。

そんなこともあるので自分からは誘いにくいなあと思ってしまったり。でも誘わないのも、後々ごちゃごちゃと言われたり気まずい思いをするのも嫌だし・・・

そういう時は「この日に安産祈願に行くつもりです~」とだけ連絡しておくのはどうでしょうか?一緒に行こうとも自分たちで行くとも言わず、相手に委ねると言う形にします。それで一緒に行きたいと仰っしゃれば、急に取りやめにすることがあるかもしれないということを予め伝えておけばよいでしょう。


スポンサードリンク

戌の日のお参りの後の食事は必要か?

これもお義母さんの性格にもよりますよね。時間帯と体調がよければ「食事でも~」と言えますが、つわりが残っていて思うように食べられない、食べ物を見たり匂いを嗅いだだけでも気分が悪くなる場合もあるでしょう。ですからやっぱり予め予定を決めて予約をしておくというのは少し荷が重い。

だけど安産祈願ってすぐに終わるし、お食事もしなで帰ってもらうのはちょっとなぁ・・・という場合は、午後一番に神社には行くようにして、お茶だけにするのも手ですね。それなら妊婦さんの負担も少ないかなぁと思います。

それすら、しんどい、気が重いなら、やっぱり体調を理由にお断りするのがよいでしょう。安産祈願を一緒にしてくれようとするお義母さんなら体調のことも気を配ってくれることでしょう。あらかじめ菓子折りを購入しておいて、「一緒にお参りしてくださってありがとうございます。体調が悪いのでまた日をあらためてお食事に行きましょうね」とお渡しすれば角も立たないと思いますよ。

おわりに

戌の日参りはお腹の子が無事に生まれてきてくれますようにという願いでするものだから、妊婦さんの体調を第一に考えれば良いでしょう。妊婦にストレスはよくありませんからね。

ですが、お腹の中の子の誕生を多くの人が待ち望んでくれていると思えば、それはとても幸せなことです。お義母さんが行きたいと言ってくれるなら一緒に行くことも考えてみてはいかがでしょうか?

腹帯のお金、ご祈祷料、お食事代などの援助もあるかもしれませんからね(笑)

>> その他の戌の日に関連する記事はコチラ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする