タンスのカビの対処法は?掃除をしながらカビを除去する方法

衣替えをしていると久しぶりに触ったタンスの引出がなんだかかび臭い・・・

よくよく見ると白いカビがついていた!!なんてことありませんか?

お洋服自体はクリーニングに出すなどして対策もできますが、タンス自体のカビを除去しなければ、また元の木阿弥です。

ということで、タンスのカビの匂いに気づいたら、またはカビの存在に気付いた時の対処法、再びカビが生えないための対策などをお伝えします。

スポンサードリンク
  

タンスにカビが! 対処法はコレ

タンスの素材によって変色や跡が残ってしまうことがあるので、まずは目立たないところで試してみてから行うようにしてください。

手っ取り早いのは、家庭用カビ取り剤(主成分が次亜塩素酸ナトリウム)を水で薄めたものを布に浸して拭き取ります(カビキラーやハイター)

ちなみに、カビ取り剤の濃度は白っぽいカビの時は薄めに、黒や緑のカビの時は濃いめにしてつくると良いです。

他にも消毒用アルコールやお酢なども殺菌効果があるので、これらでタンス全体をしっかり拭きます。

その後、しっかり乾燥させます。タンスを風通しの良いところへ移動できないなら扇風機やドライヤーなどを使って乾かしても良いですね。

ちなみに服にカビの臭いがついてしまった場合は、抗菌タイプの洗剤で洗濯し、天日干しをしてください。

しっかり乾かしてから衣類を片付けてくださいね。

タンスのカビ 毎日のお掃除のついでにやること

カビの発生の原因でとっても重要なのが湿度です。湿気が多い夏場もだけど、冬も最近では加湿器を付けている家庭も多いでしょう。

冬場でもカビ対策は欠かせません。

ついてしまったカビの対策が済んだら、次は再びカビが発生しない環境作りが大切になってきます。

それにはまず換気が大切です。冬場でもできるだけ窓を開けるなどして、空気がこもらないようにします。

タンスには乾燥剤や防カビ剤などを入れておくと良いでしょう。そして、できれば冬場も毎日数時間タンスを開けて扇風機を使い、空気の巡りを良くしておきます。

夏場は除湿器などを利用するのも良いですね。

タンスを置く場所は壁から15~20cmほど離しておくと湿気がたまりにくくなります。または新聞紙を間にかませておくのもいいですね。

ただし新聞紙は時々交換するのを忘れないようにしましょう。

そしてタンスとは直接関係なさそうな、エアコンや加湿器の掃除などもカビ対策には重要です。カビ胞子は目に見えませんが空気中にフワフワ浮いています。

しまう衣類にも注意が必要です

いくらタンスのカビ対策を行っていても、衣類自体がカビの好きな状態になっていてはカビを防ぐのは難しいです。

まず、汗や埃のついた一度着た服をそのまましまうのはやめましょう。

一度着た服には汗が染みついています。そのままタンスにしまっては湿度もだし、カビの好きな栄養になってしまうので、洗ったキレイな服をしまうようにしましょう。

パンツなど一度の着用で洗わないものは、着た後は一度干して汗を乾燥させてからしまうようにします。

そして、生乾きの洋服もそのまましまわないようにします。これもしっかり乾かしてからしまいます。


スポンサードリンク

タンスのカビを除去したら そもそもの収納の見直しを

今はいろいろな素材の収納がありますね。昔ながらの婚礼ダンスなどは桐などで作られた立派なものもありますが、最近は合板で作られたものも安くて素敵なのが売っています。

桐にしても手入れしなければカビは発生しますし、合板のものは桐ダンスよりカビが発生しやすいそうです。

そうなってくるとどんな素材のタンスを選ぼうがやっぱりカビの発生からは逃げられない!毎日の手入れが大切になってきます。

・・・とは言え、私のようなずぼら主婦、仕事や家事、育児に忙しい方にとって、毎日窓を開けて換気というのも大変です。

そういった場合は一層のこと、収納をプラスチック製にしておけば、木の素材を使ったものよりはカビが生えにくくなります。

我が家は衣替えをした服はプラスチック製の収納ケースに入れています。あまり高価な衣類がないというのもありますが、防虫剤などを入れなくても洗濯、乾燥後のものをいれておけば次の衣替えまでカビが生えたことはありません。

それに、子供たちの収納ケースはプラスチックのタンスなのですが、これもカビが生えたことはありません。

家族共々ずぼらな性格なのでタンスが開けっ放しだった!!ということが度々あるのですが、それが逆に換気になってよいのかもしれませんが(;^_^A

おわりに

カビの胞子は空気中にフワフワ浮いているので、完全に除去するのは不可能です。私たちができることと言えば目に見えるぐらいになるのを防ぐこと。

それには換気と乾燥がとっても大切です。大切な衣類やタンスを守るためにも日ごろから気を付けていきたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする