揚げ物の温度の測り方 設定温度までの時間の目安や美味しくなるコツも

揚げ物 温度 測り方

揚げ物をする時って、
油の温度はどうやって測ればいんでしょうか?

温度計があればわかりやすいけれど、
使っている家庭って少なそう…。

そこで今回は、揚げ物を作る際、
油の温度の測り方や食材を入れるのに適したタイミングなど、
料理初心者でも美味しく揚がるコツを解説します!

スポンサーリンク

揚げ物の温度の測り方 温度計がないとダメ?

揚げ物を作る時は170℃~180℃の、
いわゆる中温と呼ばれる温度で調理するのが基本。

でも揚げ物をする時は、油の熱を測る温度計がなくても大丈夫ですよ!

私も揚げ物を作る際、温度計は使っていません。

ではどうやって油の温度を測るかというと、
パン粉やてんぷら粉など、衣に使う食材を油に入れてみること。

油を火にかけ、少し経ったらパン粉か、
もしくはてんぷらの衣を油の中に落としてください。

フライに使うパン粉は170~180℃の中温の油に入れると、
細かく泡をたてて全体に広がっていきます。

もしパン粉が全体に勢いよく広がったら180~190℃の高温で、
ゆっくりとパン粉が全体に広がる場合は150~160℃の低温なので、
火加減を変えて温度調節しましょう。

天ぷらの衣を中温の油に入れた場合、
衣は底まで沈まず、すぐに浮き上がってきますよ。

衣がすぐに浮き上がってきたら高温、
鍋の底まで衣が沈んでゆっくりと浮いてきたら低温なので、
この場合も温度調整して中温にしましょう。

ちなみに、菜箸でも油の温度を測れるんですよ!

菜箸の先端を油の中に入れてみて、
細かい泡がポツポツたっていたら低温、
泡が絶え間なくたってきたら中温、
勢いよく大きな泡がたってきたら高温です。

素揚げなど衣を使わない揚げ物をする時などは、
ぜひ菜箸で油の温度を確かめてみましょう。

スポンサーリンク

揚げ物の温度が170~180度になるまでの時間の目安

衣や菜箸を油に入れなくても、
時間で油の温度を見分けることも出来るんですよ!

ただし、これはあくまで目安であり、
油の量によって、多少は温度が異なるかも知れませんが、
参考までに覚えておくと良いでしょう。

まず、低温の場合は油を中火にかけてから約1~2分後。

揚げ物の適正温度である中温は、
中火にかけて油が少しグツグツと揺れ始めた頃。

そして高温は中火にかけた油がグツグツ揺れてから2~3分後です。

ということで、中温で揚げ物をする場合は、
熱した油が揺れてきたことを確かめてから、
食材を揚げていくようにしましょう。

揚げ物のコツ 初心者でも上手に揚がるコツ

揚げ物って火加減が難しそうで、
すぐに焦げたり、表面は焼けていても中がまだ生だった、
なんてことあるはずです。

でもコツさえつかんでしまえば、
初心者でも美味しく揚げ物がつくれますよ 。

では揚げ物をする時のコツを紹介していきます!

・1度に食材を入れ過ぎない

揚げ物をする時は、鍋やフライパンがいっぱいになるまで、
食材をたくさん入れ過ぎないようにしましょう。

すると、油の温度が下がってしまって、
きれいに揚げることができなくなります。

入れすぎには注意して、食材同士の間隔を空けるようにしましょう。

・揚げカスを取り除く

揚げ物をしていると、
衣などが残って細かい揚げカスが出てきますね。

この揚げカスはそのままにしておくと黒焦げになってしまい、
食材についてしまうので、こまめに取り除くようにしましょう。

・油切りを忘れずに

揚がった食材は網の上にのせておき、
しっかり油切りをしましょう。

そうしないと、せっかくカラッと上がっても、
衣がベチャっとしてしまいますよ。

キッチンペーパーの上にのせておくのもNGです。

・食材によって温度を変える

全ての揚げ物は中温でOKではありません。

唐揚げや天ぷら、フライなどは中温で大丈夫ですが、
サツマイモやじゃがいもなど、火の通りにくい野菜は、
160~170℃の低温でじっくり揚げると良いですよ。

また、柔らかい野菜なども低温で揚げると、
仕上がりが良くなりますよ!

まとめ

揚げ物をする時の油の温度は、
温度計がなくても衣や菜箸の先で判断できますよ!

そして、揚げ物をする時は、1度に食材を入れ過ぎないこと。
揚げカスはこまめに取り、油切りも忘れずに。

食材によっては低温で揚げると、
より美味しく仕上がるので試してみてくださいね!

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする