ノロウィルスに家族がかかったら、家族間での感染予防方法は?家族で回らないように対策する

ノロウィルスは家族1人がかかると、家族中感染ってしまって大変だった!!という話はよく聞きます。特にお父さんが持って帰ってくると子供にも回してしまって、お母さんは本当に大変ですよね。 最終的にお母さんまで回ってしまうというのも恐ろしいですし・・・旦那がノロを持ってきてしまっても、出来る限り子供に伝染らないようにどういった対策をとっていけば良いでしょうか?

あしかがフラワーパークのイルミネーションの渋滞や混雑状況は?

あしかがフラワーパークのイルミネーションは夜景鑑定士が選ぶイルミネーション大賞の1位に選ばれたほどのイルミネーションです。しかも関東3大イルミネーションにも選ばれているんですよ。 これは見ないといけないですよね((o(´∀`)o)) あしかがフラワーパークまで車で行こうと思ったら、渋滞や駐車場状況が気になります。あんまり混雑するなら電車で行くことも考えないといけないですしね・・・ そこであしかがフラワーパークのイルミネーションへ車で出かける方のために、渋滞や混雑はどんな具合なのか?また道路の状態などはどうなのかをお伝えします。

歯の矯正の値段や子供が始める最適時期と期間を歯医者さんに聞いたよ

子供の歯科矯正の費用はいくらかかるのか?保険は適応するのか?始める最適時期や期間などを通院している歯医者さんの矯正相談会で聞いてきました。けっこうな値段がかかるけど、歯並びが悪いと虫歯にもなりやすいし、見た目もよくないのでできる限りのことはしてあげたいですね

江ノ島の湘南の宝石イルミネーションをデートで見るならいつが良い?アクセス方法も紹介。

江ノ島といえばデートにピッタリな場所という印象があります。そんな江ノ島のイルミネーショ、「湘南の宝石」は名前にピッタリで、本当に宝石のような輝きです。 そんな湘南の宝石を彼と見に行くならいつを狙えば良いでしょうか?江ノ島の湘南の宝石イルミネーションの日時や点灯時間などの情報とともにお伝えします。 そして、せっかく江ノ島まで来たのだったら観光もしたいですよね。湘南の宝石が開催されている江ノ島シーキャンドルの近場で同日に出かけられるスポットも合わせてお伝えしますね。

東京ドイツ村のイルミネーションの開催期間と点灯時間や料金はどうなっているの?

東京ドイツ村のイルミネーションは関東三大イルミネーションに認定されているイルミネーションです。イルミネーションの雑誌でも前の方に掲載されていたりと注目度が髙いですよね。 そんな東京ドイツ村のイルミネーション、一度は自分の目で見てみたい! 東京ドイツ村イルミネーションの開催期間や、点灯時間、料金形態などの情報をお知らせします。また私のように方向音痴な方のためのおすすめプランもお伝えしますね。

さっぽろホワイトイルミネーションの点灯時間と開催期間は?おすすめスポットとレストランの紹介

札幌といえば日本3大夜景と言われるほど、夜が素敵な都市です。 時期を合わせて旅行をすればイルミと夜景が2つ一緒に楽しめますね。さっぽろホワイトイルミネーションの開催期間や点灯時間を紹介します。 またおすすめの回り方や、イルミネーションを見ながらお食事できる場所も合わせてお伝えしますね。

なばなの里のイルミネーションの期間や混雑状況は?雨の日も楽しめる?

なばなの里のイルミネーションは夜景鑑賞士が選ぶ全国イルミネーションランキングで一位を取ったことがあります。 たくさんのイルミネーションを見てきた人が素晴らしいと言っているなばなの里のイルミネーションは必見です。 なばなの里のイルミネーションの開催期間や点灯時間、混雑状況など、なばなの里のイルミネーションについて紹介します。

年賀状の処分の方法は?保管するのは風水的にどうなの?我が家の捨てるタイミングの紹介。

年賀状は届くと楽しいですが、書いてくれた方のことを思うと、なんだか処分もしにくいし、どんどん溜まっていって困ってしまうことがありますね。 年賀状の処分はどのようにすれば良いでしょうか?そもそも年賀状は保管しておいたほうが良いのか、それとも捨ててしまっても構わないのか、よその家ではどのように保管や処分をしているのか、気になることだと思います。 我が家の場合も踏まえてお伝えします。

保育園の遠足のお弁当 簡単なおかずで見栄え良くするためのコツ2点。料理苦手な主婦の画像付きで紹介します

保育園や幼稚園の遠足は子供は楽しみにしていますが、料理が苦手な母親には少し憂鬱ですよね。やっぱりみんな可愛いキャラ弁とか作ってくるのかしら・・・と気になってしまいます。 私は料理があまり得意ではありませんし、キャラ弁は見るのは好きなのですが、実際に作ったり食べたりするのは抵抗がある派なんです。 そんな私でも保育園で4年間、小学校で2年間お弁当、遠足や運動会用のお弁当を作ってきましたので、料理苦手でもそれなりに見られるお弁当のコツをお伝えします。