園庭開放いつから行った?何するの?子供とママの服装気を付けることある?

園庭開放 いつから

保育園や幼稚園の近くを通ると目にする「園庭開放」という言葉。

子育てママにとっては気になる言葉で
今後保育園や幼稚園に入れる事になるので
園庭開放に行ってみたいと思っているママは多いはず。

けど子供が何歳頃になったら行けば良いのかどんな事をするのか
またどんな服装で行けば良いのかなど不安や疑問を抱く事も多々あるかと思います。

そんな悩みを解決すべく
今回は園庭開放は何歳頃行くのかまたどんな事をするのか
園庭開放に行く際の子供とママの服装で気を付ける事について紹介してします。

スポンサーリンク

園庭開放はいつから行ったか?

まず、園庭開放とは具体的にどんな事なんだろうと気になりますよね。

園庭開放は、保育園や幼稚園の園庭で幼児期の子供を遊ばせる事が出来
子供の遊び場に困った時またいつもとは違うお友達遊ばせたいと思った時に
役に立つ子育て支援事業の一つです。

そんな園庭開放に行きたいと思うけど子供がまだ小さいなどという理由から
小さい時から行っても良いのか周りの人はいつごろから行き始めたのだろうと
疑問に思う人も多いはず。

園庭開放は0~6歳の年齢の子供が利用出来るようになっており
園庭開放を利用できる子は保育園を利用出来る年齢と同じになっています。

ですので何歳になったら行っても良い(行く)と言った決まりはなく
基本的には例え子供が0歳や1歳の小さいうちでも
自分が行ってみたい、園はどんな所か見てみたいと思ったタイミングで行くのが良いです。

園庭開放では保育士さんがいたり幼稚園の教諭の方がいる場合もあるので
幼稚園の教諭の方や保育士の方に日頃気になる事、子育てについての事を相談したり
また、ママ友が出来るいい機会となります。

年齢事に子育ての悩みは様々ありその悩みを相談しに行ったり
他の子ども達はどんな遊びをしているのかなど見るのにもいい機会となるので
年齢問わずどんどん園庭開放に出掛けるのをおススメします。

園庭開放では何するの?

園庭開放、いざ行くとなった時
実際行ったらどんな事をしているか気になりますよね。

スポンサーリンク

園庭開放では保育園児や幼稚園児の子達がいつも遊んでいる園庭
またおもちゃを使い遊ぶ事が出来ます。

場合によっては保育士さんや幼稚園の教諭がいて
子供と遊んでくれると言う事もあります。

遊ぶ内容、遊び方については特に決まった事はなく
その園にある遊具や砂場で遊んだりと基本的には自由に遊びます。

場所によっては園に通っているお兄ちゃんやお姉ちゃん達と遊ぶ事をあります。

大きい子達と遊ぶとおもちゃのやり方を教えてもらい一緒に遊ぶ
砂場でトンネル作りをしたり泥団子を作ったりと
大きい子達の遊びを見たり一緒やったり出来るので子供にとっても良い刺激になります。

また、室内遊びでは先生がお遊戯してくれたり
色々な物を使い一緒に遊ぶなどプログラムが充実している園もあります。

園によって色々な形で実施されている園庭開放。

園によっても園庭開放の内容は異なってくるので
是非、近くの幼稚園や保育園へ出掛けて
園の様子、雰囲気を見てみて下さい。

園庭開放での服装 子供とママ気を付けることは?

園庭開放に出掛ける時に悩むのが子供とママの服装。

どんな格好をしていけば良いのか
周りの子供やママ達はどんな格好をしているのか気になるかと思います。

周りに浮かないまた恥をかかない為にも
園庭開放へ出かける基本的な服装は知っておきたいですね。

園庭開放へ出かける時は
部屋の中のおもちゃで遊んだり、室内でお遊戯したりする事もありますが
外で砂場や滑り台をしたりと動き回る事もあります。

ですので基本的に親子共、動きやすい服装をしましょう。

良くない例を挙げるとヒールやサンダルを履いて行く
また日傘をさしたり、ミニスカートを履いて行くなどは
動き回って遊ぶのに適していない格好を言えます。

例えばズボンにスニーカーなどたくさん動き回れて遊べる服装が良いでしょう。

また、外で遊ぶ時暑さ対策の事も考えて帽子を持っていくと良いです。
上記に加えて万が一、遊んでいて汚れてしまうという事も考えられるので
子供の着替え1着は持って行くようにしましょう。

まとめ

今回は園庭開放は何歳頃行くのかまたどんな事をするのか
園庭開放に行く際の子供とママの服装で気を付ける事について
紹介しましたがいかがでしたか?

園庭開放では園の様子を見る事が出来たり園の雰囲気を感じる事が出来るので
今後保育園や幼稚園に入園させる際に役に立ちます。

0歳から6歳までならどんな子でも行く事が出来るので
遊びに行ったり、ママ友を作ったり、子育てについて相談に行ったり
今後の為の下見に行ったり色々な事が出来たり為になる事がたくさんあります。

どんな目的でも良いので是非、園庭開放へと出かけてみて下さい。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする