幼稚園のお弁当にフレンチトーストは大丈夫?子供が喜ぶレシピや注意点

幼稚園 お弁当 フレンチトースト
食が細く、好き嫌いが多い我が子に、
お弁当を完食する達成感を味合わせてあげたい!
でも、何を入れたらいいのやら・・・
大好きなフレンチトーストならたくさん食べてくれるけど、
幼稚園のお弁当にフレンチトーストはあり!?
お弁当に入れる時の注意点や子供が食べやすい方法を紹介します!

スポンサーリンク

幼稚園のお弁当にフレンチトーストのリクエスト

好き嫌いが多く、お弁当に入れられるものがない・・・
毎日お弁当を残してくる・・・
幼稚園の子供のお弁当に毎日苦戦しているママも多いのではないでしょうか?

そんな時、フレンチトーストをお弁当に入れてほしい!
フレンチトースト!?お弁当に!?
しかし、なるほど!
フレンチトーストなら全部食べてくれるかも。。。

でもふんわりふわふわがおいしいフレンチトースト。
お弁当に入れて、冷めてもおいしく食べられるのかな?
卵や牛乳を使ってるけどお弁当に入れて大丈夫なのかな?
疑問はたっくさん・・・ありますよね。。。

フレンチトースト弁当は大丈夫?気を付けたいポイントは?

<お弁当にはしっとり感のあるフレンチトーストを!>
冷めてしまうと、どうしてもふわふわ感は保てませんね。。残念。。。
しかし逆手を取って、いつもより卵液を多めにし、パンの中までしっかり液が浸透するようにして、しっとり感のあるフレンチトーストにしてみてはいかがでしょうか?
蓋をしてよく焼いたら、最後は蓋を取って水分を飛ばし、十分に焼きましょう!
冷めてもしっとりおいしいフレンチトーストの完成です!

スポンサーリンク

<ワックスペーパーで仕切り&保冷剤>
卵、牛乳を使っているので、真夏など食中毒の多い時期は避けた方が良いでしょう。
それ以外の時期は、しっかり冷ましてからお弁当箱に詰めて、保冷剤を入れておくと安心!
また、液漏れや味移りしないように、ワックスペーパーを下に敷いて仕切ると、
便利な上におしゃれなお弁当になりますね!
ワックスペーパーは100均にもかわいいものがたくさんあるので、
お気に入りのものを探してみるのも楽しいですよ!

フレンチトースト弁当 子供が喜ぶ付け合わせやレシピ

<前日仕込みレシピ>
しっとり感を出すには、たっぷりと卵液を浸み込ませることがポイント。
前日に仕込んでおけば、しっかり浸透し、翌朝の作業も楽チンですね!
〇材料
・食パン(5または6枚切り)2枚
・卵 2個
・牛乳 200~240cc
・砂糖 大さじ1.5~2
1:卵、牛乳、砂糖を混ぜ合わせ卵液を作る。
2:パンを食べやすい大きさ(一口サイズ)にカットし、卵液に漬け、
 冷蔵庫で一晩寝かせる。
3:フライパンにバターをひいて、片面に焼き色が付いたら
ひっくり返して蓋をして、反対の面も焼き色を付ける。
4:完全に冷ましてから弁当箱へ詰めて完成。

<大きさは一口サイズ>
子供がひとりで食べやすいように、一口サイズにカットしたものを
ぎゅうぎゅうにならないように、詰めましょう。
茹でたブロッコリーやたこさんウィンナーを添えて(唐揚げやポテトでも)
かわいいピックや旗を付けたら、見た目も楽しくなります!

<フルーツたっぷりご褒美弁当!>
フレンチトーストは、たんぱく質、鉄分、カルシウム、ビタミンB群などを多く摂取できる優れもの。
それにりんごやバナナ、いちご、キウイなど、大好きなフルーツをたくさん添えたら
栄養満点、ご褒美弁当はきっとお子さんにも気に入ってもらえるはず!

<型抜きでテンションUP!>
卵液に浸す前に、パンを型抜きしちゃいます!
星形やくまさん、うさぎさん型など、お好きな形にくり抜いてから焼くと
とってもラブリーな(食べるのがもったいない!?)フレンチトーストが出来上がります!
動物の場合は、ストローで目を空けてもかわいい!
残ったパンは味見で食べちゃいましょう♪

フレンチトースト弁当で目指せ完食!

いつもと違うお弁当に、お子さんも開けた瞬間ワクワクすること
間違いなしのフレンチトースト弁当!
前の日の晩から卵液に付けておけば、朝は焼くだけ!
しっとり簡単おいしいフレンチトースト弁当のできあがり!
是非、一度お試しくださいね(^^)

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする