ホワイトデーのプレゼントを子どもと一緒にどうしようか悩む母。

ホワイトデーのお返しプレゼントって悩みますよね。
息子が産まれるまではバレンタインにあげる専門でしたので
これほどお返しが悩みのタネになるとは思ってもいませんでした。

あんまり高価なものだと相手のママさんにも悪い気がするし、
でも自分の息子に対してプレゼントをしてくれる女の子がいるって
思うと妙にテンションが上ってしまって奮発したくなるんですよね~。

そんなわけで子どもがもらったバレンタインのチョコレートのお返しに
ホワイトデーのプレゼントはどんなものがよいか選んでみました。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお菓子なら。またお菓子以外のものは?

ホワイトデーのお返しにお菓子の定番なら
クッキーやキャンディでしょうか。

我が家は幼なじみの女の子にもらった時は
デパ地下でぬいぐるみ付きの可愛らしいお菓子の詰め合わせが
あったのでそれをプレゼントしたことがあります。

デパ地下に行けば子ども向けの可愛らしいお菓子の詰め合わせもたくさん用意されていますので一人や二人の女の子にあげるならそういったものでもよいでしょうね。

ですが、大勢いる場合はちょっとそれは予算的にも大変になってきますので、
そういった場合はチョコやキャンディを袋で買ってきて、
100均などで小さいラッピング袋を用意し、
個包装をしてあげても良いですね。

ちょっと物足りないようであれば、
女の子の好きそうなシールとかを入れてあげても喜ばれると思います。

またはお菓子以外にして、小学生なら鉛筆のセットや
消しゴム、メモ帳などの文房具も女の子は好きだから喜ばれると思います。

小学生ぐらいまでは子ども自身よりも母親が中心になって
ホワイトデーのお返しは考えてしまうものです。
ラッピングなどは子どもと一緒にやって、
少しでもイベントを一緒に楽しめるようできれば良いでしょう。

ホワイトデーのお返しを手作りで子どもとするなら

男の子だってお菓子作りは結構好きですよね。
いつもは返って時間もかかるので、子どものお手伝いをついつい邪険に扱ってしまうのですが、ホワイトデーの主役は子どもです。

一緒にお菓子作りを楽しむのも良いですね。
低学年ぐらいだとあまり複雑なお菓子を作るより
混ぜて、形を作るぐらいの方があまり時間もかからず良いでしょう。

クッキーならタネを作って型を取るだけなので
遊び感覚でできて楽しいですし、
ホットケーキミックスを使ってカップケーキを作るのも
簡単で失敗しにくくてよいでしょう。

スポンサードリンク

クッキーやカップケーキにアイシングをして
可愛くデコレーションをすれば女の子も喜んでくれるかも!?

うちの子は不器用なので、デコレーションすると
見た目が悪くなりそうですが(^_^;)
そういうのも楽しいですね。

手作りでお菓子を作るのは、気持ちもこもっている感じもでますし
何より予算的にも助かって、母親も嬉しいw
親子で何かを作るというのも楽しいですもんね。

ホワイトデーのお返しをおばあちゃんにするなら

おばあちゃんや親戚のおばさんなどからバレンタインをもらうこともあると思います。
そういった時のお返しも手作りで上げるのも良いですね。

ホットケーキミックスを使って、たこ焼き器で焼くと可愛らしいケーキができます。
中にはバナナやチョコなどを入れるのも良いですね。
おばあちゃんやおばさんにお家にきてもらえるなら、
たこ焼き風にチョコレートを上からかけてあげると
面白いかもしれません。

また、おばあちゃんのように年配の方へプレゼントをする場合、
糖尿病や高血圧などの持病をお持ちで
ひょっとすると甘いモノは食べられないという場合もあるかもしれません。

もしもそうだった場合は、食べ物ではなく、
物で上げるほうが良さそうです。

お菓子以外でおばあちゃんにホワイトデーのプレゼントをあげるなら、
ブローチやキーホルダー、小物を入れられるような袋などなど、
身につけられる物がよいと思います。

それも思い切って子どもに選んでもらうんです。
きっと低学年ぐらいだと、落ち着いたものよりも
華やかで可愛らしい物を選んでくれると思います。

そういったちょっと年齢的に違うかなぁといったものでも
孫からもらったものなら喜んでくれると思います。
身につけてくれて「孫からプレゼントなのよ」と
おばあちゃんが自慢できるような物をプレゼントするのも
なんだか想像するだけで温かい気持ちになりますね。

まとめ

『ホワイトデーのお返し・・・』と思うとちょっと気が重い時もあるのですが
プレゼントを子どもと一緒に悩みながら考えるというのは
きっと一時のことなんですよね。

大きくなったら息子も母親抜きで自分で選んだり、
親の助言をうざがったりされるんだろうなぁ~なんて
今のうちからちょっと寂しくなったりします。

今のうちに息子とたくさんイベントを楽しみたいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする