板橋 戸田橋の花火大会の有料席は?屋台は出てるの?どちらが混雑するのかなぁ

「伝統の隅田川花火」に対して「実力のいたばし」と言われるほど東京では注目されているいたばし花火大会。

毎年8月の第一土曜日に開催されているということで2015年も例年どおり行けば8月1日に開催されます。
この8月第一土曜日というのは多くの花火大会が開催される日でもあるためどこに行こうか迷ってしまいますよね。

いたばし花火大会の魅力をお伝えできれば嬉しく思います。

スポンサードリンク

板橋と戸田橋の花火大会は同時開催されます

いたばし花火大会と戸田橋花火大会は東京都板橋区と埼玉県の戸田町との境界変更を記念して昭和26年から始まりました。

板橋花火大会の見どころはなんといっても花火の大きさ。
大きな花火をあげるにはそれだけ広いスペースが必要です。
いたばし花火大会、戸田橋花火大会では荒川や戸田ボートコースといったように、大きなスペースがあるため、都内では見られない大きな花火をあげることができるのです。
東京都内では最大級の15号玉があがり、それはもう圧巻です。

また花火のプログラムも大きな尺玉があがったり、スターマインが上がったりとメリハリのある、見ていて飽きな流れになっているのも楽しめる要因の1つでしょう。
最近では『実力のいたばし花火』とも言われているとか。

両会場合わせて11000発上がります。
来場者数も年々上がっているようです。

荒川を挟んで板橋花火大会と戸田橋花火大会が行われていますが、どちらの方が混雑していないかが気になりますね。板橋花火大会の来場者数は54万人、戸田橋花火大会の来場者数は42万人と過去に発表されています。

数の差で言うと戸田橋花火大会側の方が若干少ないですが、このぐらいの数になってくると体感的にはどちらも混雑していて差がないでしょう。

花火大会 板橋の有料席は?

いたばし花火大会も有料席があります。
座席の種類もたくさんあって、一人で座れる席やグループで座る席、椅子に座って見る席と様々です。

スポンサードリンク

2人で見るなら・・・

陸上競技場 椅子席 1枚3600円
S席 スタンド席  1枚3100円
A席 スタンド席  1枚2600円
B席 スタンド席  1枚2100円

ナイアガラの滝の花火を見るなら、陸上競技場席が一番でしょう。S席もみることができますが、A席B席は少し見づらくなるようです。

戸田橋花火大会も有料席があります

ペア席なら4200円~5000円です。
戸田橋花火大会のチケットは当日も販売されていましたので、今年も当日販売があるかもしれませんね。

せっかく花火大会を見るのなら有料席でゆっくり見たいですね。
2014年は6月下旬頃よりチケットが販売されていましたので2015年もだいたいそのぐらいが発売日になりそうです。

6月頃になると公式サイトも公開されますので早めに情報をチェックしておくと良いでしょう。

ちなみに無料で見る方のスペースもあります。
板橋側の野草広場は一般席の中でも比較的混雑がゆるめだそうです。
高島平駅からも近いため、帰りも他の場所よりも少しスムーズに帰れます。

無料スペースは場所取りをしないといけませんが、場所取りをして良い時間が決められています。いたばし花火大会では公式サイトでは当日の朝から場所取りができるそうです(2014)
熱中症対策は忘れないようにしておいてくださいね。

板橋の花火大会の屋台状況は?

屋台を楽しみにいくなら戸田側の花火大会の方が数が多いようです。戸田駅公園駅から会場までの間に結構な数の出店が出ています。

板橋側は西台からある程度出ているとの事。去年行った方の情報では戸田側と比べると少し控えめな感じです。

いずれにしても人の数がすごいでしょうから、駅近くにあるスーパーやコンビニでお水や食べ物を少し調達してから現地に行った方が良さそうです。

おわりに

都内で最大級の花火玉が迫力があって凄そうで今からワクワクしています。
思い出に残る楽しい花火大会になりますように。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする